【心の元気を取り戻そう】抗うつ剤を服用するときの注意点を徹底解説

うつ病は一日では治らない

男の人

信頼できる担当医を探す

うつ病や不安障害の治療には、抗うつ剤を用いた薬物療法が一般的です。抗うつ剤にも様々な種類があり、主治医が患者の症状に合わせて選びます。そこで重要になってくるのは、主治医が選んだ抗うつ剤との相性です。というのも、うつ病などの精神疾患は薬を一度服用して二、三日で治るものではないからです。症状の重さの加減にもよりますが、「もう自分は絶対に大丈夫だ」と思えるほどの完全な回復に至るまで、それなりに長い月日がかかるものです。つまり、それだけ主治医との付き合いも長くなり、その主治医が選んだ抗うつ剤との付き合いも長くなってくるわけです。抗うつ剤は日々新しいものが開発されています。古くは三還系抗うつ剤が使われていました。この三還系に対し、四還系抗うつ剤というものもあります。さらに現在では、副作用が比較的少ないSSRIやSNRIといった薬が主流となっています。こうした薬に対する知識がまったくない状態では、毎回主治医に当たり前のように処方される抗うつ剤に対し、「ずっとこの薬でいいのだろうか」、「他の薬も試してみたい」などと思うようになるかもしれません。しかし安易に処方されている薬を他のものに変えたり、服用を中断してしまったりすることは大変危険です。抗うつ剤には効果が徐々に発揮されるものがほとんどです。一週間目に効かなくても、二週間目、三週間目に効果が出てくることもあります。個々の体質にもよります。「早く治したい」という気持ちに押されて薬を変更または中断してしまうと、得られるはずのものが得られなくなってしまうのです。とくに抗うつ剤の服用は徐々に増やし、治癒して薬がいらなくなった場合、徐々に減らしていくのが原則です。急に中断した場合は離脱状態や過度なイライラ感、ソワソワ感に見舞われて、治療を受ける前よりも状態を悪化させてしまう可能性があります。また薬を変更する場合も、あれこれ試しているうちに薬漬けの状態に陥ってしまうことも考えられます。それらのことを防ぐためにも、主治医からしっかりと薬について聞いておくことです。納得がいくまで、不安が消えるまで主治医に説明してもらうことです。とても基本的なことですが、これができていないと薬物療法による治療がうまく進みません。すべて医者任せにするのではなく、自分でできるかぎり薬について調べてみることで、より自分の病気について知り、安心して治療を受けられるのではないでしょうか。最近では精神科や心療内科のホームページに薬のことが詳しく書かれているものもあります。ホームページには病院の施設そのものに関する紹介だけでなく、院長をはじめとした現場の医者の声が書かれているものもあり、病院選びの参考になります。実際に患者とどう向き合ってどういう治療をしてきたかなどの体験などに目を通すことで、自然と病気から回復していく自分のイメージが掴めることでしょう。これから長く通うことになるであろう病院がどのような病院か、現在すでに通われている方は、その病院が患者に対してどのような対応をするのか見極めるためにも、病院のホームページを訪れてみることは大切です。また病院へ通い出した場合、できるだけ詳しく自分の症状の変化について説明する、分からないことは必ず質問するということをしていけば、より早い治癒が期待できることでしょう。

TOP