【心の元気を取り戻そう】抗うつ剤を服用するときの注意点を徹底解説

薬に関する正しい知識

薬

知識不足は危険です

抗うつ剤は、一般的にうつ病などの病気になった時に処方されます。抗うつ剤の役割は、主に脳の中の調整と考えると分かりやすいでしょう。ネガティブなイメージを持つ人もまだまだ多いですが、正しく使うことで精神的な苦痛を軽減し、大変な状況を脱することが可能です。患者本にはもちろん、周りの理解も必要になってきます。双方が薬に関する正しい知識を身に付けておくことで、快適に過ごしていけます。抗うつ剤はうつ病などに効果があるお薬ですが副作用もあります。主に眠気が出ると伝えられることが多く、他にも口が渇いたり、排便や排尿に影響があったりすることもあります。胃腸の調子がおかしいと感じるなどもあり、人によって出てくる症状は様々と言えるでしょう。もしひどい場合は服薬を中止して、医師に相談する必要があります。もし何か不快な症状が現れた、もしくは元気になってきても、医師の判断を仰がずに勝手に断薬することは絶対に避けましょう。うつ病は治りかけこそ慎重にと言われている病気です。治療が進まない場合は薬があっていないか、勝手に薬をやめてしまっているかの場合が多いです。逆に薬を大量に服用することも避けなくてはなりません。正しい量を正しく服用して初めて効果が表れると考えて、抗うつ剤とも病気とも上手に付き合っていけるようにしましょう。病気自体の症状で不安になることが多いので、少しでもそんな兆候がある場合は医師に頼りましょう。そうして、周りの協力を得て治していくのが病気です。さまざまな葛藤があるでしょうが、協力者が多い方がいいと前向きに考えて治療に取り組みましょう。全てはその人その人の症状の重さや体調にもよりますが、一般的に効果より先に副作用を感じる方が多いとも言われています。抗うつ剤を飲んだのに全く改善しないとイライラするかもしれませんが、そこは気長に投薬を続けていきましょう。2週間は様子を見て、それでも全く効き目がない場合は再度医師と相談して自分に合う抗うつ剤を探してもらいましょう。最近は市販のもので気分を明るくする、心を軽くするなどの効果を謳っているものもありますが基本的にはきちんと診察を受けて、病院で処方してもらうお薬をきちんと飲む方がいいでしょう。うつ病など精神的なことで悩んでいる人は増えているにもかかわらず、この病気に対する理解があまり進んでいないのが現状です。しかし一昔前よりはずっと環境も改善されてきているので精神科に行く、通うという行為を躊躇しなくても大丈夫です。なるべく早い受診をすることによって、症状が軽いうちに対処できます。重くなると社会復帰までにかなりの時間を要してしまうことが多いので、迷っている時間があるのなら、話を聞いてもらうだけという気持ちで病院へ行ってみましょう。処方された抗うつ剤を正しく服用していればうつ病はそこまで怖い病気でもありません。話せるのなら会社の人や家族にも打ち明けておくと、サポートしてもらえてベストの状態で病と向き合うことが可能になります。あまりに病気のことばかりを話すのは相手も困ってしまいますが、少なくても理解者は作っておくと抗うつ剤がいらない状態になった時にも心強いです。

TOP